自己暗示について解説しています。

自己暗示で自己催眠を極限までする方法

キャパシティーを増やすの一つの方法として、自己暗示があります。自己暗示と呼ばれていたり、自己催眠と呼ばれたり、いろいろですが、自己暗示は、何の効果があるのかと言うと、内面に秘める潜在意識に刺激を与える結果、強化させる効果があります。

 

自分が思い描いている先行きやお手本に関して胸中で想像する結果、暗示を与えます。自分で自分に暗示を与えれば、潜在メンタリティのキャパシティーは引き出されるのです。暗示や催眠というのは、他人にかけてもらうと思っている人も多いと思いますが、そうではありません。

 

自己暗示や自己催眠というのは、自分で日々養成を続ければ、本当は覚えられるのです。ひとまず自己暗示の養成をする場合には、落ち着いた雰囲気で、静かなエリアを選びます。夜に立ち向かう場合や昼間に行う場合は、まだまだ暗めに院内を保った方がいいですから、カーテンを閉めたり、電気を暗めとして調整して下さい。そうしておいおいめに座れる椅子か、ベッドに寝て下さい。

 

自己暗示まずは体の各部に暗示をかけていくのですが、最初は何も感じなくて当たり前です。養成を繰り返しているうちに、少しすれば、窺えるようになると思います。自己暗示の養成を通して、ゲンコツが重くなると考えで唱えると、重くだるくなったように感じるようになります。またゲンコツが熱いという暗示をかければ、血行が良くなって熱くなってしまう。こういった養成を日々積み重ねる結果、潜在意識を引き出すことができるのです。

 

おすすめサイト
結婚相談所比較は結婚についての考え方を解説してくれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る